JSED 日本摂食障害学会
 
サイトマップ
ホーム
学会紹介
理事長挨拶
役員
学会会則
単位
入会のご案内
総会スケジュール
リンク集
お問い合わせ
事務局窓口
学会紹介
理事長挨拶

独立行政法人 国立国際医療研究センター国府台病院
心療内科特任診療部長 石川俊男

 この度私は、平成26年9月14日の日本摂食障害学会理事会において理事長に選ばれました。名理事長であられた切池信夫前理事長の後任として誠に重責でありますが、本学会のさらなる発展のために微力ではありますが力を尽くしたいと考えておりますので何卒よろしくお願いいたします。

  本学会は平成9年に末松弘行先生を中心に日本摂食障害研究会として発足しております。その後第8回の研究会(久保千春会長)で学会への移行が了承され、平成17年10月に初代理事長として中井義勝先生が就任され、平成20年より切池信夫先生が2代目の理事長として平成26年9月まで執務されました。この間、医師を中心に臨床心理士、看護師、栄養士、養護教員などの参加が得られ会員数も増えてきており、学会活動も会員数以上に活発に行われ、様々なプロジェクトが進行して現在に至っております。

  摂食障害の臨床現場はあいも変わらず大変な状況が続いており、治療チームの疲弊感も強い状況が続いています。いまだ原因不明で生物学的なメカニズムも確立しておらず、世界的にみても速やかに治療しうる治療法の確立はいまだの感が強い現状があります。このような疲弊感・閉塞感が強い状況ですが平成26年度に画期的ともいえるプロジェクトが厚生労働省から発表されました。それは「摂食障害治療支援センター設置運営事業」構想であります。もとより、本学会主導で生野照子先生を中心に多くの国民の協力を得て活動してきた「摂食障害センター設立準備委員会」による署名活動が厚労省を動かす一因ともなった本事業ですが、本来の新施設創設とはいかないまでも、既成の施設を利用しての支援センター構想です。その実現に向けても本学会が中心になって支えていくべく協力体制を強化したいところです。他にも、学会の基礎つくりとしての事務局の整備、学会誌の刊行、法人化の問題などにも取り組む一方で、摂食障害の予防、矯正施設における支援、倫理問題、専門医制度の準備や医療保険対策の充実など出来るところから丁寧に施行していき、学会機能の充実を目指していきたいと考えています。

  本学会が、現代社会の要請にこたえて発展していくように、会員の皆様方のご協力、ご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

平成26年10月

|  ホーム  |  入会のご案内  |  総会スケジュール  |  お問合わせ  |
COPYRIGHT(C)2006-2017 Japan Society for Eating Disorders. All Rights Reserved.