JSED 日本摂食障害学会
 

第21回日本摂食障害学会総会・学術集会を終えて

 平成29年10月21日(土)、 22日(日)に広島市内の広島県医師会館にて第21回日本摂食障害学会学術集会を開催させていただきました。台風がせまる中でしたが、802名の参加者がありました。
 本学会は「食の健康・食の病理・食の回復」をテーマに、食育や予防も含めた広い内容にしました。招聘講演はEric Stice先生に摂食障害予防プログラム・について話していただきました。特別講演は石川俊男先生に長年の経験から「摂食障害と係わって」、教育講演は福土審先生に話題の脳腸相関研究について、中井義勝先生には最近のトピックも含めた摂食障害の診断基準について、鈴木眞理先生には身体合併症に関する留意点、衣笠隆幸先生には精神分析的精神療法の症例からのお話、永田利彦先生にはやせすぎモデルの話題のみならず摂食障害の危険性について幅広くお話いただきました。いずれも臨床・研究を重ねたゆえの、含蓄のある講演でした。
 シンポジウムは「摂食障害治療支援センター」「学校と医療の連携」「神経性やせ症治療における行動制限」「食の健康」「臨床各場面での摂食障害」について、会場との熱いディスカッションがありました。
 「先達に聞く」では、エキスパートの先生方の一言一言が心にしみいるものでした。
 市民公開講座では、切池信夫先生に「拒食症と過食症の治し方」と題して講演をしていただき、武田綾先生とOGの方々に経験談を話していただきました。大雨の中でしたが、多くの来場者があり、後に患者さんからの反響も大きいものでした。
 今回私のような若輩者が、広島の土地で、このような学会を開催することができ成功できたのも、摂食障害学会の先生方のご指導やご支援あってのことでした。本当にありがとうございました。次回はなんと鈴木眞理先生が沖縄で開催されます。実り多き学会になりますように。沖縄でお会いしましょう。


学術集会後に会場前にて

第21回日本摂食障害学会学術集会
大会長 広島大学保健管理センター 岡本 百合

 

 
|  ホーム  |  入会のご案内  |  総会スケジュール  |  お問合わせ  |
COPYRIGHT(C)2006-2017 Japan Society for Eating Disorders. All Rights Reserved.